婦人

最近注目のフリースタイル分娩|出産という大きな戦いに挑もう

多様化する分娩方法

ベイビーと婦人

私の選んだスタイル

私は、妊娠をして初めてこんなに分娩の方法が多いことを知りました。無痛や和痛、水中分娩など本当にたくさんの選択肢があります。私の通っていた産婦人科では、フリースタイル分娩というものを積極的に推していて、半数以上の方がこの分娩で出産されているそうです。妊娠中期頃は正直あまりフリースタイルで産もうとは、思っていませんでした。妊娠後期に入り、院内見学に参加した際フリースタイル分娩が行える和室の部屋を見る機会がありました。それまで特にフリースタイル分娩を考えていた訳ではなかったのに、その部屋を見た瞬間ここで産みたいと思い始めました。その和室は6畳ほどあり、トイレや浴室も完備されていて陣痛から出産まで移動することなく過ごせます。畳の上にはイスやバランスボール、布団やエアーマットなど色々な物が置かれていました。家で居るようなリラックスした気持ちで、より自然な分娩をという説明にも魅力を感じました。見学のあとの母親学級でも、フリースタイル分娩の実演をして頂き、座りながらの分娩も出来る事を知りました。帰宅後、早速主人に今日見てきた事を話して同意を貰い、私の初出産はこのフリースタイル分娩となったのです。しっかりと知識をつけて、出産という大きな戦いに挑みましょう。

出産に向けて

フリースタイル分娩を決めてからは、ネットや本などで体験記を読みあさりました。気持ちも自然な分娩に向けて前向きになっていきます。しかし助産師さんからは、フリースタイル分娩の部屋はリスクのない妊婦さんでしか案内出来ない事を聞いていました。促進剤を使用したり、妊娠中に問題があった場合などは分娩室でしか出産が出来ないそうです。なので、促進剤を使わないで陣痛をつける為に沢山歩きました。また食生活や日常の中でも、今まで以上にフリースタイル分娩に向けて頑張る自分がいました。そんな私の姿を見て、主人も自分に出来る事は何があるのかを、ネットや本などで読みあさっている事を知りました。分娩に向けて夫婦で同じ方向を向けている事がとても嬉しく、フリースタイル分娩を選んで良かったと思いました。

女性にとって嬉しい効果

看護師

避妊薬のイメージが強いピルですが、これ以外にも女性ホルモンのバランスを整える効果もあります。このピルを処方してくれる病院を大阪市内から探す場合には、口コミを上手に参考にすると最高の決断を下せて、納得のいく治療につながりやすいです。

もっと詳しく

受精卵の染色体を検査

夫婦

体外受精で妊娠しても、染色体異常があった場合には流産する可能性があります。しかし着床前診断により、子宮に入れる前に受精卵の染色体異常が明らかになれば、子宮に入れない選択が可能となります。ただし着床前診断は健康保険の適用外なので、費用は自己負担となります。また、調べる受精卵の数だけ費用がかかります。

もっと詳しく

関連リンク

  • 安心してお産ができるオススメ助産院

    希望する方法で出産出来ちゃう!フリースタイル分娩の魅力をまだ知らないという方はこちらのサイトで詳細をチェックしてみよう。

いろいろな情報がある

医者

大阪で不妊治療を受ける場合、情報を調べてみることがポイントです。評判や実績などを調べていきます。通院しやすかったり、対応が良かったりといったことも調べる必要があります。婦人科でも産婦人科でもどちらも構いません。

もっと詳しく